▲ HOME ... 在宅ケアにおける感染対策と消毒の実例集目次 ... 3.気管切開陽圧換気療法(TPPV)での気管カニューレの交換方法と感染対策
Point

3.気管切開陽圧換気療法(TPPV)での気管カニューレの交換方法と感染対策



■概要

気管切開陽圧換気療法(TPPV)での気管カニューレは定期的に交換します。この処置は訪問看護師など医療従事者が行います。


■基本的な処置方法と感染対策

  1. 手指衛生(手洗いまたは速乾性手指消毒薬の使用)を行います。

  2. テーブルなどに必要部品を準備します(カフが確実に膨らむか、空気が漏れていないかを確認し、カニューレに固定用綿テープを取り付け、挿入部に塩酸リドカインゼリーを塗ります)。

  3. カニューレ抜去時に分泌物が気管内に流入しないよう、吸引します。

  4. 挿入されているカニューレの固定用綿テープをはずします。カフの空気を注射器で抜きます。

  5. 気管カニューレを抜去します。

  6. 痰がある場合は吸引しながら、気管切開部に炎症、出血、肉芽などがないかどうかを観察します。

  7. 気管切開部の周囲を、消毒薬(10%ポビドンヨード液または0.05%グルコン酸クロルヘキシジン液)で消毒します。

  8. カニューレの先端部に潤滑用ゼリーを付け、気道に沿いながら挿入します。

  9. カフ内に指示された量の空気を入れます。

  10. カニューレ挿入部に切り込みガーゼを挟み、カニューレを綿テープで固定します。

  11. 在宅療養者自身の全身および呼吸状態に異常がないことを確認します。

■気管カニューレの消毒方法

  1. 気管カニューレは、定期的(1週間ごと)に交換します。

  2. カニューレが分泌物などで閉塞したときは、内筒をはずして洗浄するか、消毒済みのカニューレに交換します。

  3. カニューレの消毒

    • 金属カニューレの消毒は、内筒と外筒を洗剤と流水で洗浄した後、煮沸消毒するか、0.1%塩化ベンザルコニウム液に10〜30分間浸漬します。

    • 非金属カニューレの消毒は、内筒と外筒を洗剤と流水で洗浄した後、0.02%〜0.05%次亜塩素酸ナトリウム液に10〜30分間浸漬します。

  4. 切り込みガーゼが汚染したら、速やかに交換します。

  5. カニューレのカフは、低圧カフ以外の場合は、指示に従い1日に何回か空気を抜き、減圧します。

  6. 気管切開患者の加湿には、カニューレに直接装着できる人工鼻を使用します。


    【医療従事者のためのリンク】損傷皮膚



    << 前のページに戻る  ▲ページトップ △ HOMEに戻る 次のページへ進む >>


Yoshida Pharmaceutical Co.,LTD.