▲ HOME ... 在宅ケアにおける感染対策と消毒の実例集目次 ... 4.吸引カテーテルの管理の方法と感染対策
Point

4.吸引カテーテルの管理の方法と感染対策



■概要

痰を喀出できない場合に、吸引器を使用して排出させる方法で、口腔内吸引、鼻腔内吸引、気管内吸引などがあります。


■基本的な処置方法と感染対策


口腔内・鼻腔内吸引

  1. 手指衛生(手洗いまたは速乾性手指消毒薬の使用)を行います。

  2. 排痰に準じて、痰の貯留している部位を聴診器で聴取し、タッピング、スクイージング、バイブレーションを行います。

  3. ディスポーザブル手袋を装着します。

  4. 吸引カテーテルをウェットティッシュで拭き、水を吸い取ります。

  5. 口腔内は、痰が貯留しているところまで吸引カテーテルを挿入し吸引します。

  6. 吸引後は、カテーテルを1回ずつウェットティッシュで拭き、水を吸い取って洗浄します。

  7. 終了後は、呼吸音を確認します。

気管内吸引

気管内吸引カテーテルは原則として使い捨てにします。
ただし、吸引回数が多いなどの経済的理由により気管内吸引カテーテルを再使用する場合については、後述する「カテーテルの保管・再利用の方法」を参照してください。

  1. 手指衛生(手洗いまたは速乾性手指消毒薬の使用)を行います。

  2. 療養者の方の意識のありなしにかかわらず、吸引に関する説明をし、声かけをします。

  3. カテーテルを開封し、不潔にならないところに置きます。

  4. ディスポーザブル手袋を着用し、無菌操作*1で以下を行います。

  5. 吸引カテーテルをパックから引き出し、吸引器のチューブを接続します。

  6. 吸引圧の確認のため、また、すべりをよくするため、接続した吸引カテーテルの上部を持ち、カテーテルの空気孔をふさいで滅菌精製水を吸います。空気孔のない吸引カテーテルの場合は、そのまま滅菌精製水を吸います。

  7. 吸引カテーテルを気管内に15cm前後挿入し、痰の貯留しているところでカテーテルを回しながらゆっくり分泌物を吸引します。

    ‐人工呼吸器を装着している時は‐

    1. 滅菌精製水を吸引後、人工呼吸器をはずします。

    2. 吸引カテーテルを気管内に15cm前後挿入し、痰の貯留しているところでカテーテルを回しながらゆっくり分泌物を吸引します。

    3. 吸引後、バッグバルブマスクを気管口に接続し、呼吸に合わせてバッグバルブを加圧します。

  8. 吸引1回ごとに、アルコール綿でカテーテルを拭いてから滅菌精製水を吸い洗浄します。また、吸引ごとに深呼吸を促します。必要な時には、タッピング法やバイブレーションを行い、咳嗽を促します。

  9. 気管内吸引カテーテルを廃棄します。

    ※吸引前と吸引後に使用する滅菌精製水は区別します。

再使用する場合のカテーテルの保管・再使用の方法

やむを得ずカテーテルを再使用する場合は、カテーテルを浸漬させる消毒薬*2と、それを保存しておく容器を準備します。

    〔保管〕

  1. 使用後の気管内吸引カテーテルの外側をアルコール綿で拭いてから滅菌精製水を吸引してカテーテル内側を洗浄します。

  2. 浸漬用消毒薬(なるべくアルコール添加の浸漬用消毒液)へ浸漬しておきます。

    〔再利用〕

  3. 使用前は、使い捨てのカテーテルを扱う手順と同じく手指衛生を行ってからディスポーザブル手袋を着用します。

  4. 無菌操作で吸引カテーテルと吸引器のチューブを接続します。カテーテル内に浸漬用消毒薬が残らないように滅菌精製水を吸引します。以下、使い捨てカテーテルの手順7、8に従い吸引します。

    ※洗浄用の滅菌精製水、浸漬用消毒薬、吸引カテーテルは、使用頻度などを考慮して定期的に交換します*3

*1無菌操作:微生物で汚染させることがないように注意して行う特別な操作。

*2浸漬させる消毒薬:8〜12%エタノール添加0.1%塩化ベンザルコニウム液、または0.1%塩化ベンザルコニウム液など。なるべくアルコール添加のものがよい。

*3定期的に交換:一例として、アルコール添加浸漬用消毒薬は、24時間から4日間ごと、また、滅菌精製水は12時間から24時間ごと、とされています。(エビデンスに基づいた感染制御 第2集−実践編.メヂカルフレンド社,2003年)

【医療従事者のためのリンク】セミクリティカル器具



<< 前のページに戻る  ▲ページトップ △ HOMEに戻る 次のページへ進む >>


Yoshida Pharmaceutical Co.,LTD.