▲ HOME ... 在宅ケアにおける感染対策と消毒の実例集目次 ... 消毒薬の使用方法について
Point

消毒薬の使用方法について



■概要

消毒薬は消毒の対象物により使用する消毒薬や濃度、消毒方法が異なります。しっかりとした消毒効果を得るには、むやみに消毒するのではなく、医療機関や器具メーカーの指示に従う必要があります。また本冊子に記載されている実例も参考にしてください


■1.在宅ケアによく使用される消毒法

  • 浸漬法

    器具などを完全に消毒薬に浸漬して消毒薬を十分接触させる方法です。

    家庭などで浸漬消毒を行う場合、容器は、消毒する物品が十分に浸漬できる大きさのふた付きのプラスチック製容器を利用します。このとき器具が完全に浸漬されていない場合や気泡などが入ることにより、消毒薬がしっかりと物品と接触しなかった場合は、きちんと消毒されておりません。


    浸漬法によく使用される消毒薬

    塩化ベンザルコニウム、塩化ベンゼトニウム、次亜塩素酸ナトリウム、ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム、塩酸アルキルジアミノエチルグリシンなど


  • 清拭法

    ガーゼや不織布などに消毒薬を染み込ませて、皮膚や環境などの表面を拭き取る方法です。

    消毒薬が十分に染み込んでいないとしっかりと消毒されない場合があるので、十分な量の消毒薬を使用します。

    密閉していない容器にガーゼや布に消毒薬を含浸させて作り置きをすると、消毒薬が揮発して濃度低下が起きてしまいます。また、グルコン酸クロルヘキシジンなどの消毒薬は、脱脂綿などの単体に吸着して濃度が低下する場合があるので、十分な量の消毒薬を含浸させます。

    消毒薬含浸綿を長時間の作り置きすることは、衛生面から考えるとおすすめできません。1日に使用する分だけつくることをおすすめします。


    清拭法によく使用される消毒薬

    皮膚:消毒用エタノール、70%イソプロパノール、グルコン酸クロルヘキシジン、ポビドンヨードなど

    環境など:消毒用エタノール、70%イソプロパノール、塩化ベンザルコニウム、塩化ベンゼトニウム、塩酸アルキルジアミノエチルグリシン、次亜塩素酸ナトリウムなど


  • 灌流法

    吸引チューブ、カテーテルなど、管状になっている器具の内側に消毒薬を流し込み、消毒させる方法。管内に気泡などが入ると消毒薬が接触しない箇所が生じるので、注意をしなくてはいけません。


    灌流法によく使用される消毒薬

    消毒用エタノール、70%イソプロパノール、塩化ベンザルコニウムなど

    いずれの消毒方法を行う場合も、消毒前に付着している血液などの汚れを、あらかじめ中性洗剤などできちんと洗い落としてから消毒を行います。汚れを洗い落とさないで消毒を行った場合、汚れが邪魔をしている部分がよく消毒されません。


■2.消毒薬の希釈(調製)方法

消毒薬を希釈して使用する場合、定められた希釈濃度に沿って正しい濃度に希釈します。このときに希釈濃度を間違えて低濃度になってしまうと、十分な消毒効果が得られない場合があります。在宅ケアなど家庭で消毒薬を希釈する場合も、正しい濃度に希釈する必要があります。

以下に、在宅ケアの現状をふまえて、家庭にある器具を使用した消毒薬の希釈の目安表を示します。

調製に用いる器具として、調理用の大さじ(15mL)、小さじ(5mL)、計量カップを用いるのが、ひとつの手軽な方法です。次頁の表は薬液を1L作成するときの目安ですが、実際に使用する薬液の量にあわせて原液の量を加減してご使用ください。容量メモリの付いた計量カップなどに、まず薬液をさじで計量しながら入れ、その後で目的の量まで水を足していくと簡単に調製できます。

なお、消毒薬の誤飲などを防ぐため、調製の際に使用する器具は、くれぐれも消毒薬調製専用とし、「消毒専用」とマジックペンなどで書き、またお子様の手の届かない場所で調製・保管してください。


■表 1Lの希釈液を調製する場合 濃度別消毒液希釈法(医療用医薬品)

家庭にある器具を使用した消毒薬の希釈方法

大さじ

15mL

小さじ

5mL

注:金属製の大さじ、小さじは、消毒薬によっては腐食しますので、プラスチック製を使います。

※消毒薬の誤飲などを防ぐため、消毒薬調製に使用する器具は、消毒薬専用としてください。













10%

希釈濃度

薬液量

小さじ概算

大さじ概算

水の量

0.01%

1mL

1/5

999mL

0.02%

2mL

2/5

998mL

0.025%

2.5mL

1/2

997.5mL

0.05%

5mL

1

1/3

995mL

0.10%

10mL

2

2/3

990mL

0.20%

20mL

4

1と1/3

980mL

















5%

希釈濃度

薬液量

小さじ概算

大さじ概算

水の量

0.02%

4mL

4/5

996mL

0.05%

10mL

2

2/3

990mL

0.10%

20mL

4

1と2/3

980mL

0.20%

40mL

8

2と2/3

960mL





















10%

希釈濃度

薬液量

小さじ概算

大さじ概算

水の量

0.01%

1mL

1/5

999mL

0.05%

5mL

1

1/3

995mL

0.10%

10mL

2

2/3

990mL

0.20%

20mL

4

1と1/3

980mL

0.50%

50mL

10

3と1/3

950mL













6%

希釈濃度

薬液量

小さじ概算

大さじ概算

水の量

100ppm=0.01%

約1.7mL

約1/3

998.3mL

200ppm=0.02%

約3.3mL

約2/3

996.7mL

500ppm=0.05%

約8.3mL

1と2/3

 

991.7mL

1,000ppm=0.1%

約16.7mL

3と1/3

 

983.3mL

5,000ppm=0.5%

83.3mL

16と2/3

5と1/2

916.7mL

10,000ppm=1%

166.7mL

33と1/3

11

833.3mL













1%

希釈濃度

薬液量

小さじ概算

大さじ概算

水の量

100ppm=0.01%

10mL

2

2/3

990mL

200ppm=0.02%

20mL

4

1と1/3

980mL

500ppm=0.05%

50mL

10

3と1/3

950mL

1,000ppm=0.1%

100mL

20

6と2/3

900mL

5,000ppm=0.5%

500mL

100

33と1/3

500mL

10,000ppm=1%

1000mL

200

66と2/3

原液


※消毒薬の誤飲などを防ぐため、消毒薬調製に使用する器具は、消毒薬専用としてください。



<< 前のページに戻る  ▲ページトップ △ HOMEに戻る


Yoshida Pharmaceutical Co.,LTD.