▲ HOME ... 在宅ケアにおける感染対策と消毒のポイント目次
Point
指導


1.はじめに


在宅ケアの重要な役割感染しやすい在宅療養者感染対策と消毒の目的と役割在宅ケアに関わる様々な人々感染予防に関する正しい知識の共有を
余計な心配は無用このコーナーの目的と対象



2.感染対策と消毒の目的


微生物はいたるところに存在人の体内は特別な場所皮膚は微生物に対するバリアバリアを破る医療処置粘膜の微生物に対する防御力
防御力をそこなう医療処置感染対策と消毒の役割微生物に対する抵抗力ワクチン接種の目的



3.微生物の侵入を防ぐための主な方法(1)−在宅療養者の皮膚・粘膜の衛生−


主にケアする場所血管カテーテルを挿入している場合や手術後のケア注射前のケア導尿カテーテルを挿入する場合のケア全身の清潔



4.微生物の侵入を防ぐための主な方法(2)−ケアに用いる器材と薬液の衛生管理−


血流などに入る器材や薬液の厳密な管理粘膜に接触する器材や薬液の衛生管理皮膚のみに接触する器材や生活用品の衛生管理居住環境の衛生管理



5.微生物の侵入を防ぐための主な方法(3)−家族・在宅ケアスタッフの手指の衛生−


手に常に存在する微生物外部から手に付着する微生物在宅ケアスタッフの場合手指が不潔になりやすいケアゴム手袋をする場合とその理由
誰のための手袋か手指の衛生が必要な場合のまとめ在宅ケアにおける微生物の伝播経路



6.手指衛生の方法


石けんでの念入りな手洗い手洗い用消毒薬での手洗いによる手指消毒速乾性手指消毒薬での手指消毒



7.在宅ケアにおけるMRSA


MRSAとは在宅療養者にとってのMRSA家族にとってのMRSA在宅ケアスタッフにとってのMRSA保健施設・介護サービスにおけるMRSA



8.在宅ケアにおいて注意する感染症


インフルエンザなど結核など接触により伝播する感染症在宅ケアスタッフ自身の感染症


△ HOMEに戻る


Yoshida Pharmaceutical Co.,LTD.